お知らせ

十樂

度會県は「たびたび会う」と読み替えることができる、と聞いていた。何の根拠もなく文字だけで云っているのかと思っていた。
そうではないようだ。
「会う」より以前に「逢う」という文字を使っていた。
「度逢県」だ。
伊勢國之百傳度逢縣とつづられている。日本書紀に出ている。
読みは「いせのくにのももつたうのあがた」
フリガナの降り方から云うとそう読むようだ。ここから度會は来ている。
多くの人と、会って親しくなり、逢って交流を重ねる。
古来より、そんな場所でもあるのだ。

http://dl.ndl.go.jp/view/jpegOutput?itemId=info%3Andljp%2Fpid%2F1142350&contentNo=4&outputScale=2
(2行目の2文字目から)

一覧に戻る

TOP